top of page

【ビジネススキル】わかりやすい情報伝達の方法について

更新日:2023年4月15日


情報を伝える際に、

相手が情報を受け入れやすく

自分のものにできる

後で思い出し行動しやすくする

ことを目標にしましょう。


例えば、新製品の情報伝達方法は

・どこで伝えるか

・どんな方法で伝えるか

・どんな内容で伝えるか を考える必要があります。


そして、伝達方法にはメリットとデメリットがあります。


対面での説明

デメリット:準備が大変。

メリット :お客様の反応に合わせて説明ができる。


eメール

デメリット:テキストだけでは効果が限定的。

メリット :セールスライティングが使える。


ホームページ

デメリット:お客様が訪問しなければならない。

メリット :多くの人に知ってもらえる。


ランディングページ

デメリット:反応を得るのが難しい。

メリット:課題解決型の訴求ができる。


セミナー

デメリット:集客が大変。

メリット :お客様に合わせた話ができ、特別オファーも提供できる。



それでは、”セミナー”について考えてみましょう。


セミナーで話す際に、相手に伝わりやすくするための4つのポイント


1. セミナーの目的やテーマを意識する

話が逸れても戻すようにし、息抜きも効果的に使う。


セミナーでは、話の途中で話題が逸れることがありますが、その場合はすぐに本題に戻すように心掛けましょう。これにより、聞き手が話の流れを追いやすくなります。また、セミナー中に息抜き的な演出を取り入れることも効果的です。例えば、軽いジョークを入れたり、関連するエピソードを紹介することで、聞き手の緊張を和らげ、話に集中しやすくなります。ただし、息抜きは適度に行い、目的に合った内容であることが重要です。適切なバランスでセミナーの目的やテーマを意識しながら進めることで、聞き手の理解を促進し、満足感を高めることができます。


2. 話を聞きやすくする

前提知識を説明し、話の構成に気を付け、初歩的な説明もする。


話を聞きやすくするためには、まず前提知識を説明しましょう。これにより、聞き手が話の内容を理解しやすくなります。次に、話の構成に気を付けることが大切です。例えば、結論を先に伝えたり、内容の概要や項目を提示することで、聞き手が話の流れを把握しやすくなります。また、初心者向けの初歩的な説明も行い、簡単な言葉で表現したり、身近な例えを用いることで、聞き手が理解しやすい状況を作り出しましょう。これらの工夫により、話が聞きやすくなり、聞き手が情報を受け入れやすくなるでしょう。


3. 相手の立場や目的を考慮する

話の内容を整理し、チームメイトとレビューする。


相手の立場や目的を考慮することは、セミナーで効果的な情報伝達を行うために重要です。まず、話の内容を整理し、聞き手が理解しやすい順序で提示しましょう。大まかな流れを書き出すことで、全体像が把握しやすくなります。次に、チームメイトや同僚とレビューを行うことで、客観的な意見を取り入れることができます。これにより、改善点やわかりにくい箇所を見つけ出し、より聞き手に寄り添った内容にブラッシュアップすることが可能です。相手の立場や目的を考慮しながらセミナーを進めることで、聞き手の理解を深め、満足度を高めることができます。


4. 事例やエピソードを混ぜる

お客様が想像しやすいように例を出し、スライドも工夫する。


事例やエピソードを取り入れることで、聞き手が話の内容を自分の状況に当てはめやすくなり、理解が深まります。具体的な例や実際に起こった話を紹介することで、聞き手が自分のこととして想像できる場を提供しましょう。また、パワーポイントやスライドを利用する際は、工夫が求められます。文字が小さくならないようにし、写真やイラスト、アニメーション効果を使って視覚的にも魅力的なプレゼンテーションにしましょう。これらの工夫により、セミナーが一方通行の説明だけではなく、聞き手の理解を促進し、満足度を高める効果的なものになります。


まとめ

・話の目的と概要を伝える

・論理的で構造化された話をする

・簡単な言い方を選ぶ

・事例やエピソードを取り入れる

・スライドや視覚素材を工夫する


これらを意識することで、お客様が情報を活用しやすくなります。さらに、相手の立場や目的を考慮し、話の内容を整理してチームメイトとレビューすることも重要です。聞き手が抵抗感なく理解し、セミナーの目的を達成できるよう努めましょう。これらの工夫を取り入れることで、お客様が情報を受け入れやすく、効果的に活用するための状態を整えることができます。


従業員教育コンテンツに関するご相談はこちらから

閲覧数:2回0件のコメント
bottom of page