top of page

より効率的な時間管理でヒューマンスキルを向上させる



社会人としての働き方を最適化し、生産性を向上させることは、常に我々の目指すべき目標でしょう。誰もが高品質な成果を速やかに得たいと望んでいます。


では、仕事の効率化に向けてどのような手法を試してきましたか?


今回は、その手法の中でも「時間管理」に焦点を当ててみたいと思います。1週間があっという間に過ぎ去り、1日の終わりに「今日一日何をしたのだろう?」と思うことはありませんか?また、時間に余裕がある人と常に忙しく時間が足りないと感じる人がいます。しかし、時間自体は変わることがないので、「時間が経つのが早い」と感じることは、ある程度は我々の認識によるものと言えます。


時間を有効に使って集中した仕事ができる人は、自分の時間を上手く管理できていると言えます。つまり、自身を適切にコントロールできる能力が、時間を効率的に活用する秘訣と言えるでしょう。


自己管理ツールとしてGoogleカレンダーなどが便利です。予定やタスクを簡単に記入でき、変更も予定ブロックの移動だけで可能です。大きな目標からスケジューリングを始めることが理想的ですが、最低でも毎朝、その日のタスクとスケジュールを立ててみてください。時間の見積もりは必ず余裕を持つことが重要です。さらに、毎日終わった後に、その日に何を行い、何にどれだけの時間を使ったのかを記録することで、自分の時間の使い方を客観的に理解することができます。


私の経験から言うと、この一連の作業を継続することで集中力も向上し、結果的に生産性や作業量も上昇します。時間管理を意識して行動することで、働く一人ひとりが自己のヒューマンスキルを高め、自己成長につながると確信しています。

閲覧数:4回0件のコメント

Comentarios


bottom of page