top of page

アイデアを力強い種に変える:多元的思考の実践方法



新たなアイデアを生み出し、新規事業なり課題解決といった挑戦は、我々が事業を展開する上で避けて通れない道です。そんな中、思考の結晶とも言えるアイデアが、すでに他社によって試みられていると知ったとき、その現実は少なからず心に重く響くものです。だからこそ、多角的な視点での再評価、つまり同じ題材に対して独自のアプローチを模索し、我々だけの革新的な案を形成することの重要性を再認識するのです。


アイデアを具現化する過程や時間は線形的に進行します。だからこそ、時間的な余裕や感情的な安定、そして思考法が身についていなければ、多角的な視野を持つことが難しくなります。固定的な「自己認識」を持つ私たちは、日常生活において多角的な視点から物事を見る機会が少なく、この思考法を活用することに慣れていないのかもしれません。


クリティカルシンキングやMECEを駆使すれば、多角的な視野を持って思考することは可能です。このような思考技術を習得することは最善の選択でしょうが、さらに手軽に多角的な思考を取り入れる方法はないでしょうか。


たとえば、目的の再定義は一つの発想の転換法と言えます。

・生産性向上を目指す

・効率化を追求する

・経費削減を行う


"生産性向上"を目的として議論を進めていた場合、一定の段階に到達したら、原初の目的を"経費削減"に転換して考え直すのです。最終的には、"生産性向上"という問題解決を目指しますが、これは多角的な観点からアイデアを出すための手法としての一面も持っています。目的を表現する言葉を変えるだけで、新たな視点が生まれます。目的を再定義するのは柔軟な発想が必要であり、同時に頭脳トレーニングにもなります。


それ以外にも、以下のような目的を設定して、議論や書き出しを行うことで、異なる視点やアイデアを取り入れることが可能になります。 ・リスクの回避を図る ・スピードを重視する ・即時効果を重んじる ・低コスト化を目指す


また、アイデアを具体的な展開ストーリーに落とし込むことも重要な視点の転換法となります。そのストーリーやメリットを書き出して、その中に使われている単語を類義語や反意語に置き換えてみることで、新たなアイデアや視点が浮かび上がることでしょう。これにより、多元的な思考を生み出すことが可能になります。


このような思考の転換と視点の多角化は、現在のビジネス環境において、我々が新たな価値を創造し、競争力を保つための重要な要素となっています。既存の視点やアイデアを再構築し、異なる観点から物事を捉え直すことで、新たな価値を創出する可能性が広がるのです。


言い換えれば、これはある種の「思考の体操」であり、その結果として新たな視点や発想が生まれ、多元的な思考が促進されます。これらの手法を活用すれば、アイデアはただの種ではなく、成長と発展を促す力強い種に変わります。それはまさに革新的な案を生み出す力となります。


そのため、これらの技術や方法を身につけることは、リーダーにとって非常に価値のあるスキルと言えます。新入社員、若手、役職者に限らず、多角的な視野を持つことは組織全体をリードし、新たな価値を創出するための重要なスキルになります。

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page