top of page

テレワーク時の効果的なチームワークとその推進方法



テレワークが新たな働き方として定着する今日、それに合わせてチームの運営と成長の方法も進化させるべきです。ウェブ会議やチャットツールによるコミュニケーションがすでになじみ深いと、チームでの業務進行に大きな違和感はないでしょう。しかし、その前提としてチームワークの本質と効果について再確認し、その実践が実際に行われているかを見極めることが大切です。


・メンバー間で役割を分担し、力を結集する

・互いの能力を補完する

・作業のスピードと品質を向上させる


これらが一例となります。では、テレワークの環境下でこれらが達成できているでしょうか。

時として、同じ部門のメンバーが自己中心的に行動し、他の人が何を行っているか理解できていないという状況も生じます。これが全く問題ないというわけではありませんが、それがその企業にとって最適な状態であると感じている場合もあります。


しかし、大半の場合、同じ組織で働く仲間との協力が共通の目標達成に対して価値を生むでしょう。


チームで働くことは、時折、自身の能力の不足を実感させるかもしれませんが、安心感や達成感をもたらし、多角的な思考と創造性を刺激します。それはチームメンバー全員が協力し合い、自分自身がチームの一員として役割を果たさなければならないという、前向きな使命感を育みます。


チーム運営が円滑に進むためには、不足している部分に対するフィードバックや互いのサポート、能力の尊重と感謝の意識が重要となります。


テレワーク中にチームワークの効果を最大限に発揮するためには、ウェブ会議、メール、チャット、電話といったツールを活用しますが、顔を見て直接会話することが難しい状況であるため、情報が適切に伝達・理解されているか確認することが求められます。


チャットでのコミュニケーションが楽にできる環境がある場合、資料の共有や確認が迅速に行われます。しかし、情報の意図が明確でない場合、意思疎通の誤解や混乱が生じる可能性があります。


そうした問題を避けるために、チームワークの目指すべき点とその効果を現状の環境に適応させ、テレワークにおいても効果的なチームワークを展開するための情報共有の方法や進行管理の手法を再構築することが有用です。

閲覧数:2回0件のコメント

Comentários


bottom of page