top of page

ビジネススキル向上の鍵。話を聴く力のメリット



効果的なコミュニケーションには、相手に合わせた話をするだけでなく、相手の話を上手に聴くことも欠かせません。多くの人が「話すことの方が重要で難しい」と考え、聴くことの重要性を軽視しているかもしれません。


しかし、ビジネスにおいて他者の話を聴くことは基本中の基本です。ただし、日常生活の忙しさや情報の過多、パソコンやスマートフォンを使ったメールやチャットによるコミュニケーションの頻繁なやり取りなど、環境的な制約が聴くことを阻害してしまうこともあります。


私が考える「聴くこと」のメリットは以下の通りです。


1. 相手の感情や考え、状況を理解できる

相手の言葉の奥に隠された意図や思いを察知することができます。相手の立場や背景を考慮しながら、より深い理解を得ることができます。


2. 自分の考えや判断を適切にすることができる

相手の意見や情報を聴くことで、自分の視野を広げることができます。新たな視点を得ることで、より適切な判断や意思決定が可能となります。


3. 人間関係を構築できる

相手の話に真摯に耳を傾ける姿勢は、信頼関係を築く上で重要です。相手が自分を尊重し、理解してくれていると感じることで、より良い人間関係を構築することができます。


4. 自己の人格や対応力を向上させることができる

聴く力を磨くことで、自己成長やスキルアップに繋がります。相手の話に真剣に向き合い、適切な反応やフィードバックを行うことで、自己の人格や対応力を向上させることができます。


一方、聴かないことには以下のデメリットがあります。


1. 相手の意志が反映されない判断になる

ここでは相手の視点や情報が失われるため、偏った判断になりがちです。


2. 重要な情報が聞き取れない

相手の意見や情報を無視することで、重要な知識や情報を見逃すリスクがあります。


3. 人間関係を構築できない

相手の話を聴かないことは、相手を無視することと同じです。これは人間関係の構築や維持に悪影響を及ぼします。


「聞かない」ことが、必ずしも意図的ではないことも理解しましょう。相手の話を聞く必要性を理解していない場合や、時間の浪費と感じる場合などがあります。


それでは「聞く」と「聴く」の違いについて考えてみましょう。「聞く」は受け身で聞こえてくるものを受け入れることです。一方、「聴く」は積極的に相手に注意を向けて傾聴することです。これを理解することで、自分がただ聞いているだけではないか、それとも真剣に聴いているのかを判断することができます。


聴く力を鍛えることで適切な判断や意思決定ができ、より良い人間関係が築けます。これがコミュニケーションスキルを向上させるための重要なステップとなります。


次に、聞き取りやすい話し方について考えてみましょう。低い声で話すと説得力が増すとよく言われますが、それは一部の状況に過ぎません。声の大きさや発音のはっきりさ、言葉遣いなど、様々な要素が話し手のメッセージをより明確に伝えることに役立ちます。


そして、聴く方法についてです。以下の3つの視点から聴くことが大切です。


1. 自分が記憶するため、学習するために聴く

自己のスキルアップや新たな挑戦のために重要です。


2. 相手の意図を理解するために聴く

相手が自分を説得しようとしている時に特に重要です。


3. 相手との関係を深めるために関心を示すように聴く

特に、相手に何かサポートが必要なときに重要です。


これらの聴き方を意識することで、自身の聴く態度をより適切に調整することが可能となります。


しかし、実際には周囲の情報や感情などが影響を及ぼし、集中力が途切れがちです。そのため、傾聴のプロセスを深く理解することが重要です。具体的には、聞いて、解釈して、話を咀嚼し反応する、という一連の流れを理解することです。そして、相手の話が必ずしも自分の理解に合わせて進行するわけではないことも認識しておく必要があります。そのためには、自分の理解を深めるために質問をするなどのファシリテーションが必要となります。


以上のことから、聴くことの重要性を再認識し、それによって自身の人間スキルを向上させ、組織全体の効果を高めることが期待できます。

閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page