top of page

効果的な決断力を養うための方法



毎日の生活の中で、私たち全員は無意識に何十回も決断を下しています。

人の決断スタイルはその人の性格や状況によって大きく異なります。

仕事での会議は良い例です。何かを討議し、決めるとき、立場や意見が異なる人々が一堂に会します。ここで、多くの人は次のような意思決定のスタイルを示すでしょう。


・迅速に決断を下す。 ・より多くの時間を使って考慮し、会議の中で即座には決めない。

・他人の意見を積極的に収集し、共有してから決定を下す。


このように、それぞれが異なる意思決定スタイルを持つとはいえ、一つの共通点があります。それは、より良い結果を達成し、争いを避けるために、それぞれの決定は前向きであるべきだということです。


それでは、前向きな意思決定とは何でしょうか。それは、様々な要素を考慮した上で、最善の選択肢を選んで行動に移すことを指します。

具体的なプロセスとしては、以下の3つのステップに分けられます。

  1. 目的の確認・認識

  2. 意思決定の準備

  3. 行動への移行

1.目的の確認・認識:個人やチームが決定を下す前に、「何のために」「何を達成したいのか」を明確に理解することが大切です。これを怠ると、目的が曖昧になり、効率的な進行が妨げられることがあります。


2.意思決定の準備:この段階では、達成したい目標に基づいて優先順位を設定し、必要な情報を収集して選択肢を作成します。


3.行動への移行:決定した選択肢を評価し、行動に移すことが重要です。何も行動しないと、これまでの準備が無駄になってしまいます。しかし、計画の修正や柔軟性も必要です。最も大切なのは、決定したことをしっかりと実行することです。


人の性格や特定の状況に左右されず、冷静で適切な意思決定を行うためには、これらのプロセスを意識的に設計し、適用することが有効です。こうすることで、生産性が向上し、目標に対する進捗が明確になります。


そして、このプロセスは、中学生から大人まで、すべての人々がスキルを向上させるための有用なツールとなります。

閲覧数:3回0件のコメント
bottom of page