top of page

従業員向け教育コンテンツとマーケティングコンテンツの共通点

更新日:2023年4月15日


1. コンテンツは何のために制作するの?

教育コンテンツとマーケティングコンテンツの共通点の一つに、コンテンツの目的があります。それは両方とも、理解する、解る、知るが目的となることです。

教育コンテンツでは、従業員のスキルアップや知識の習得を目的とし、マーケティングコンテンツでは、商品やサービスのPRやブランドイメージを向上させ、商品やサービスを理解してもらうことを目的とします。いずれにせよコンテンツの目的を明確し、必要な情報やメッセージを的確に伝えるといったことにおいて、効果的なコンテンツ制作ができるようになります。


2. 情報の受け手が理解する

コンテンツを制作する際には、情報の受け手であるターゲットオーディエンスの理解が不可欠です。教育コンテンツでは、学習者モデルといった概念手法がありますが、従業員の学習ニーズや職務内容に合わせた教材を制作することが求められます。

マーケティングコンテンツでは、商品やサービスの特徴や顧客のニーズに合わせたメッセージを訴求することが重要です。どちらの場合でも、ターゲットオーディエンスのニーズや関心事を理解することが、コンテンツ制作の基本となります。


3. ストーリーテリング

コンテンツを制作する際には、起承転結で言うと、起と結が重要な役割を果たします。教育コンテンツでは、ストーリーテリングを通じて、学習者が興味を持って取り組めるような教材を制作することが求められます。マーケティングコンテンツでは、ストーリーテリングを通じて、商品やサービスに関する魅力を訴求することが重要です。どちらの場合でも、ストーリーテリングを通じて、コンテンツの説得力や興味を引く力を高めることができます。


4. クリエイティブな表現

コンテンツを制作する際には、クリエイティブな表現が求められます。教育コンテンツでは、ストーリーテリングやビジュアル表現を通じて、学習者が理解しやすく、興味を持って取り組めるような教材を制作することが重要です。マーケティングコンテンツでは、製品やサービスに対する顧客の印象を高めるために、クリエイティブな表現を活用することが重要です。どちらの場合でも、クリエイティブな表現を通じて、コンテンツの興味を引く力や魅力を高めることができます。


5. コンテンツの評価と改善

コンテンツ制作が終わった後も、評価と改善が欠かせません。教育コンテンツでは、学習者のフィードバックを収集し、教材の改善を行うことが求められます。マーケティングコンテンツでは、反応やROIを測定し、コンテンツの改善や効果の最大化を図ることが重要です。どちらの場合でも、コンテンツ制作後に評価と改善を行うことが、より効果的なコンテンツ制作につながります。例えば、クオリティコントロールチームを設け、制作後の評価や改善を徹底的に行い、クオリティの高いコンテンツが生産できるフローを構築するなど、制作後のフォローアップや改善も必要となります。定常的にビジネスニーズに最適なコンテンツ制作が供給されることが重要です。


6. 最後に

教育コンテンツとマーケティングコンテンツは、どちらもコンテンツ制作の本質は同じです。それは、何かを理解してもらうために必要な情報を、わかりやすく伝えることです。当社は、教育コンテンツ制作事業と同時に、マーケティングコンテンツの制作も展開しており、多くの法人企業様からご愛顧いただいています。教育コンテンツ制作で培った高いクオリティの制作スキルを活かし、企業のビジネスニーズに合わせたコンテンツ制作を提供いたします。ぜひ、アドップ・コンテキストにご相談ください。


従業員教育コンテンツ・マーケティングコンテンツ制作に関するご相談はこちらから

閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page