top of page

新たな視点を開く:「もし」から始める創造的思考



課題解決を進めていく上では多角的な視点が必要です。新たなアイデアなど複数の選択肢を見つけ出すために、色々な視点を持つ必要があるからです。これらのアイデアの源泉は「着想」です。これは創造的な思考、あるいは戦略的思考の出発点となるものです。


着想するために、「もし」という言葉を使うという方法があります。この「もし」を使うと、日常の思考や経験、固定観念から自由になり、新たな可能性を見つけることができます。例えば、「もし予算が無制限だったら?」や「もし人々が歩くことができなかったら?」といった、現実とは異なる状況を想像することで、通常では連想しきれない新たな発想が引き出されます。


しかし、ここで注意したいのは、「もし」と言いながら、達成困難な理想を挙げてしまうと、それが逆にフラストレーションを生む場合があるということです。また、個人で行うことも可能ですが、チームで行った方が、自分では思いつかないアイデアが出てくる可能性があります。


アイデア出しの一つの方法としては、ブレーンストーミングがあります。ただ、これには評価が絡むため、新たなアイデアが出にくくなることもあります。それに対して、ブレインライティングなど、チームに合った手法を見つけることが大切です。


ランチタイムのカジュアルな雰囲気での意見交換も有効ですが、テーマによっては、知識が豊富な他部門の人々を招くなど、新たな視点を取り入れる工夫が必要です。そして、出てきたアイデアを組み合わせ、全体像を作り出すためにマインドマップを利用するのも良い方法です。


ブレストという言葉は一般的になりましたが、それぞれのチームに合ったアイデア出しの方法を見つけることが重要です。新たな視点を開き、アイデアを生み出すための環境を整え、創造的な思考を育ていくことが、最終的な問題解決に繋がるでしょう。


これは、チーム全体のコミュニケーション能力を向上させ、それぞれが主体的に問題解決に向けたアイデアを出すことを促す重要なプロセスです。たとえそれが最初は小さなアイデアであったとしても、それがチーム全体で共有され、議論されることで、大きな解決策に発展する可能性があります。


それぞれの部門やチームが自分たちに適した方法でアイデアを出し、それを組み合わせていくことで、より多角的な視点から問題に取り組むことができます。これにより、より創造的で質の高い解決策を生み出すことが可能となります。


まとめると、「もし」という言葉を使って新たな視点を開くこと、チーム全体でアイデアを出し合うこと、それぞれのチームに合った方法を見つけることが、創造的な思考を育て、問題解決につながるということです。これらを日々の業務に取り入れることで、チーム全体の成長と共に、問題解決の質も向上するでしょう。

閲覧数:14回0件のコメント
bottom of page