top of page

新時代を生き抜くための創造的思考の必要性



ハイブリッドワークというフレーズが我々の生活に定着してきました。これは、新型コロナウイルスの大流行により、私たちの日常が大きく変わったことを示しています。


たとえば、働き方改革の一環として始まったテレワークは、今や新たな働き方のスタンダードとなりました。これまで「職場へ行く」という常識は、一変し、家庭と仕事の間でバランスを取る新しい常識に変わりました。


しかし、この変化は物理的な働き方だけにとどまりません。私たちのコミュニケーション方法も大きく変わりました。社内だけでなく、取引先との会議もオンラインで行われるようになり、ビジネスのあり方そのものが再定義されつつあります。


このような変化に対応するためには、創造的な思考が不可欠です。私たちが直面している新しい状況に対応するためには、従来の方法を見直し、新しい解決策を見つけることが求められます。


新規事業の創出も重要ですが、それだけでは不十分です。お客様に対する信頼と認識の獲得には時間がかかるため、会社の持っているリソースを有効に活用し、現在の顧客に対して新たな価値を提供することが求められます。


創造的な思考を促進するためには、さまざまな視点を持つことが重要です。それは、自分の立場や部署だけでなく、企業全体の視点から見ること、または全く新しい視点から物事を見ることも含みます。そして、それらの視点から新しいアイデアを生み出し、ビジネスを前進させることが求められます。


創造的な思考を培うための方法論はたくさんあります。客観的な事実の理解、ファクトベースの思考、批判的思考、共感力、水平思考などがあります。これらのスキルは、書籍や研修などを通じて身につけることができます。


創造的な思考を生み出すための一つの方法として、ものの見方を変えることがあります。ポストイットの発明や印刷機の発展など、既存の枠組みを変える考え方が、新しい価値を生み出す源泉となります。既知のものを新しい視点から見直すことで、新たな解決策や価値が見つかることがあります。


しかし、新しいアイデアが必ずしも成功するわけではありません。失敗や恥を恐れず、既存の考え方を見直し、新たな視点や進行方向を試すことが大切です。アイデアを生み出し、それをチームメイトと共有し、ディスカッションを通じてさらに発展させ、トライアンドエラーで実行に移すことが重要です。


最後に、創造的な思考を育むためには、組織全体の文化が重要です。個々のアイデアを大切にし、それを評価し、検討することで、変化に対応する柔軟性と創造性を育むことができます。これらの要素は、新しい時代を生き抜くために必要なスキルです。

閲覧数:2回0件のコメント

Comentarios


bottom of page