top of page

社員教育の鍵:ビジネスコミュニケーションで役立つ賢明な傾聴スキル



私たちは毎日、ビジネスや個人のコミュニケーションで傾聴スキルを活用しています。しかし、あなたが対話を行う際、論理的に会話を整理しながら、相手の話のクセやテクニックに動じず、真の意図を的確に理解できていますか?


時に、ビジネス経験が豊富な人たちは、自分たちの意図に沿った方向へと会話を誘導するスキルを持っています。その誘導に気づかずに話を進めると、あなた自身の判断が曇ってしまうかもしれません。そこで、相手の誘導に乗らないスキルの習得が大切となってきます。


ここでは、会話の誘導に一般的に見られる特徴を紹介します。


選択肢を2択に限定する

 相手は、「この方向が良いのでは?」や、「それではどうなる?」といった方法で、選択肢を制限し、望ましい方向へとあなたを誘導します。この状況下では、自身が未熟な領域についての会話では特に、提案された方向へと返答する可能性が高いです。


選択肢を制限されたと感じた場合、積極的に追加の選択肢や視点を提案することが重要です。「他にも考えられる選択肢はありますか?」と質問したり、自分で新たな選択肢を提案することで、自分自身の視野を広げ、会話を公正な方向へ導くことができます。


感情を使う

会話の中で、ある人が声を荒らげて意見や考えを強く主張することもあります。その結果、ストレスを避けるためにその人の意見を無批判に受け入れてしまうことがあります。


相手が感情的になっている場合、落ち着いて冷静に対応することが重要です。その場で反論するよりも、「あなたの意見を理解しようとしています。しかし、もう少し落ち着いて話していただくことは可能ですか?」と問いかけることで、対話を円滑に進めることができます。


すり替え

 話の中で現状や提供されたエビデンスを無視し、都合の良い方向へ話をすり替えるテクニックもあります。

これら以外にも様々な誘導方法がありますが、誘導されていると気づくことが重要です。それを認識すると、あなたは自分が冷静に話を聴き取っているか、また話を反芻して理解しているかを確認することができます。


すり替えが行われたと感じた場合、具体的なエビデンスや事実に基づいて議論をリードしましょう。「それは興味深い視点ですが、私たちは元の問題に戻るべきではないでしょうか?」または「それについてはもう少し具体的な情報が必要だと思います。何かエビデンスを提供していただけますか?」と問いかけることで、会話を本来の話題や課題に戻すことができます。


これらの対処法は、会話の誘導に対抗するためのスキルを強化し、より効果的なコミュニケーションを実現します。これらの方法を活用して、自分自身の傾聴スキルを向上させ、より良い判断と意思決定を行うためのスキルを養いましょう。


この認識があれば、相手を過度に疑うことなく、質問を通じて相手の真意を確認し、その話を分析することができます。これらのスキルは、ビジネスにおいて重要なヒューマンスキルであり、より良いコミュニケーションを促進できるようになります。

閲覧数:5回0件のコメント

Commentaires


bottom of page