gbannar.png

​G検定とは

「ディープラーニングの基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して、事業活用する能力や知識を有しているかを検定する」- 日本ディープラーニング協会が主催する検定です。

2021#3

2021年11月6日(土)

2022#1

2022年3月5日(土)

2022#2

2022年7月2日(土)

2022#3

2022年11月5日(土)

ディープラーニングG検定公式テキスト

G検定(JDLA Deep Learning for GENERAL)実施日程

G検定対策講座とは

累計3万人以上(400社以上)にご利用いただいているG検定模擬テストや、E資格の認定プログラムを実施するStudy-AIが提供するG検定の対策講座です。

※「G検定2021#2(2021年7月実施)」から改定された、【新シラバス】にも対応しています。

G検定対策講座 3つの特徴
G検定対策講座の特徴1 【挫折しやすい技術3章を集中解説】
 

▼G検定シラバス(参照元:G検定公式サイト)▼

future1.png
受験者の最大の壁である4~6章に絞った講義を提供 [約6時間]
future2.png

実際の実装も紹介 ※学習者は視聴のみで大丈夫です。

future3.png

図示でわかりやすい

future4.png

本格的に技術解説

G検定対策講座の特徴 2 【海外のAI活用事例を月次配信】

AIを活用した事例を[海外AIトレンド48]として、6カ月間配信します。
G検定7章の時事問題の対策が可能です。

 

▼海外AIトレンドの配信例

配信タイトル

配信タイトル

ゲームエンジニアがいらなくなるのでは

​約7分

自分の手をバーチャル空間に投影する

​約7分

​約7分

ベゾス法案書く

Google Play Storeのレコメンドとは

​約7分

アメリカのブラックリストに入っている中国企業について

​約7分

Snapchat×AI

​約7分

  • 海外の先端トレンドを中心にG検定で問われる技術解説も含んだNewコンテンツです。

  • マネジメント層の方も継続してご覧頂くことで、ここ数年のAIのトレンドを無理なく把握することができます。

G検定対策講座の特徴3 【G検定模擬演習ツール(720題以上)】
 

累計3万名以上が利用した模擬形式試験「Gもぎ」は、新シラバスを含む『フルセット 720題以上』で万全な試験対策が可能です。

※G検定の累計合格者数は31,695名(2020年11月までの累計)

future5.png
講座概要
 

カタログコード

G500

​学習項目

講座/コース名

概要

価格

サービス有効期間

学習形態

前提条件

受講対象者

到達目標

標準学習期間(学習時間目安)

ビデオ収録時間目安

理解度確認テスト

QA対応

実装演習

学習利用環境

対応資格

無料トライアル

G検定対策講座

G検定の対策及び、ディープラーニングを用いた事業開発においてスピーディーな判断ができるようになることを目指します。

31,900円(税込)/ 名

動画配信から6ヶ月

eラーニング(オンデマンド)

特になし

・G検定の勉強をしたい方
・G検定の合格を目指している方
・国内だけでなく、海外のAIビジネス及び技術トレンドをキャッチアップしたい方

・G検定の合格
・6ヶ月間で48の先端AIトレンドをインプットすること

24時間

12時間

あり(模擬試験形式)

なし

一部あり(任意)

web動画サービスvimeo(https://vimeo.com/jp/)にて問題なく動画が視聴できる端末が必要

G検定
AI実装検定B級

​なし

◆G検定講座
・機械学習の具体的手法
・ディープラーニングの概要
・ディープラーニングの手法

 

◆海外AIトレンド
・AIの技術応用
・法律と倫理

 

◆G検定模擬試験(720題以上)
※新シラバスにも対応

受講料金 31,900円 (税込)/1名

本講座は、Study-AI株式会社との提携コースとなり

Study-AIのeラーニングシステムからコンテンツ配信を致します