top of page

働き手の視点変革:多角的思考のパワーとその習得方法



新たなアイデアを創出しようとしたとき、よくある問題として、他社がすでにその取り組みを始めていることがあります。このような状況で重要なのは、我々のアイデアを多角的(異なる視点から考える)に見直し、突破口となるような提案を生み出すための再検討です。


一つのアイデアを形にするためのプロセスや時間は通常、直線的に進行します。だからこそ、時間的余裕や感情的な余裕、そして適切な思考法が身についていないと、アイデアを多角的に再評価することが難しいかもしれません。


我々自身が、「これが私たちの存在理由だ」という既定路線を持っているため、日常的に多角的に考える必要性を感じにくいかもしれません。しかし、この状況こそが、多角的な思考法になじむことが難しい原因の一つでもあります。


もちろん、クリティカルシンキングやMECEのような思考フレームワークを使用すれば、多角的な視点で考えることができます。これらの技術をマスターすることは非常に有益ですが、より直感的に多角的思考を取り入れる方法はないでしょうか。


例えば、視点を変えるために目的を再定義する方法があります。その目的が生産性向上であろうと効率化であろうと経費削減であろうと、それを再定義することで新たな視野を開くことができます。


「生産性を向上させること」を目的として議論が進行していたとします。ある程度の段階で議論がまとまったら、一度その目的を「経費を削減すること」に変えてみましょう。最終的には"生産性を向上させるため"の問題解決に取り組むのですが、多角的にアイデアを出すための方法として有効です。


その他の視点からは、リスク回避、スピーディな展開、即効性のある利点、コスト削減などを新たな目的として設定し、それに基づいて議論を進めてみましょう。それにより、新たな見方やアイデアを引き出すことができます。


さらに、アイデアを具体的なアクションプランに変換したとき、そのプランやそのメリットを文章にしてみましょう。その文章の中に出てくる単語を類義語や反対語に置き換えてみると、新たな視点やアイデアが生まれ、多角的な思考が促進されます。これにより、より広範で多様なアイデアを生み出すことが可能になるでしょう。

閲覧数:13回0件のコメント

Comments


bottom of page