top of page

「次工程はお客様」: プロフェッショナルの姿勢を再定義する



過去に頻繁に耳にした、しかし今や少々風化しつつある仕事に対する姿勢があります。それが「次工程はお客様」です。この価値観は製造業を中心に導入されていますが、新たな職場環境においても我々に価値をもたらすことでしょう。


我々の仕事と「お客様」の関係性


我々が行う仕事は一連の作業の一部に過ぎません。それぞれのタスクが完了したら、次の工程へと進行します。重要なのは、次のプロセスを担当する人々を「お客様」と捉え、業務を丁寧で明確な形で引き渡すことです。


「前工程は神様、後工程はお客様」


ここでトヨタが提唱する、前工程を「神様」、後工程を「お客様」とする姿勢を参考にすると、我々の仕事に対する見方が変わるかもしれません。


「困っていること」は実は「ニーズ」


後工程の「困っていること」を聞くことにより、我々自身の成長や、業務改善、新たなニーズの探求が可能となります。


仕事を依頼される側の視点


反対に、我々が仕事を依頼される側である場合、その依頼者を「お客様」と位置づけ、我々が提供するサービスの品質が直接外部の顧客に影響を及ぼすことを認識することも重要です。


効率重視の現代社会で「次工程はお客様」を実践する


現代社会は効率性が求められる一方で、リモートワークの普及により時間効率が向上する中で、「次工程はお客様」という原則を再認識し、それを実践することは良い機会かもしれません。


仕事は一人では成し遂げられない


仕事は他の多くの関係者と協力して成果を生み出します。そしてその成果は、我々の製品やサービスにメリットを享受できる外部のお客様まで影響を及ぼします。


お客様の満足度を理解する


お客様が製品やサービスに対して満足しているのか、それとも不満を抱いているのかを理解することは、お客様の期待に応えられているかを評価し、サービスを見直すための重要な基準となります。この思考法は、社内の次工程にも適用できます。


最後に、業務を行う我々全員がこの「次工程はお客様」という考えを深く理解し、実践することが求められます。その結果、全体としての業務改善、お客様満足度の向上、そして我々自身の成長を促進できるでしょう。現代の働き方がより効率重視となっている中でも、我々が仕事に対して持つべき基本的な姿勢は変わらないはずです。この機会に再確認してみてはいかがでしょうか。

閲覧数:168回0件のコメント

Comments


bottom of page