top of page

ビジネススキル:誘導的な話術に振り回されない聞き方



これまで、聞き方についての考察を進めてきました。話をきちんと理解し、論理的に整理しながら聞き取ることは、我々が自分自身の判断を下すための重要なスキルです。相手の話に埋め込まれたトリックやテクニックに振り回されず、相手の本当の意図を見抜く力を鍛えましょう。


ビジネスの場では、相手が話を誘導することで自分の意見を認めさせようとする場面がよくあります。何気なく聞いていると、相手の意図した通りに思考が誘導されてしまうことも。誘導的な話術も有用なスキルですが、それに乗らない力をまずは養うことが大切です。

誘導的な話術の一例としては、

  1. 選択肢を二つだけに限定する 「こうすればいいのでは?」や「そうなったらどうするの?」といった、好ましい結果とそうでない結果の二つを提示し、聞き手が好ましい方に同意するように誘導する方法です。しかし、話の筋通りに動く前に、その提案が本当に自分にとってプラスになるのか冷静に考えることが必要です。特に知識が少ない分野での話題では、理解できないからといって安易に同意してしまうことが多いです。

  2. 感情を利用する 強い感情を示して意見を押し通す人もいます。そのような状況はストレスがたまり、面倒だと感じるため、その人の考えを受け入れてしまいがちです。

  3. すり替え 現状や収集した情報を無視し、自分に都合の良い内容に話をすり替える。


などがあります。これら以外にも、さまざまな話術が存在します。

これらのパターンを理解し、相手が話を誘導しているかどうかを見極めることで、話の本質を見抜き、冷静に対応することができます。誤解を避けるため、適切な質問を行い、相手の真意を確かめ、話を分析してみてください。これらのスキルは、ビジネスだけでなく、日々の人間関係を円滑にし、ヒューマンスキルを向上させるためにも役立つものです。私たちはよく「傾聴」の大切さを聞きますが、ただ相手の言葉を受け入れるだけでなく、その中に隠された意図や情報を読み取る能力も必要です。これらの力を身につけることで、私たちは誤解を避け、相手とのコミュニケーションをより深いものにすることができます。


それでは、次回の記事でさらに深掘りしていきましょう。次回は、これらのスキルを養うための具体的なテクニックや実践的な方法について解説します。それまでに、今回学んだことを実生活に活かしてみてください。私たち全員が、もっと効果的なコミュニケーターになることを目指しましょう。

閲覧数:8回0件のコメント

Comments


bottom of page